Atlyaのソーシャル活動の一環である「アトリエアトリア」。
今回はそのアトリエアトリアで企画し、
現在募集中の親子リトリートについて紹介します!

ワタシクリエイトROOMの基盤となるアトリアでは、
未来の子どもたちへ開く表現の場や、活動の機会を提供しています。
この活動を「アトリエアトリア」と呼んでいます。
アトリエアトリアは参宮橋を活動拠点にしていますが、
その活動は参宮橋にとどまらず、理念を共にする他の地域の人々との交流を大切にしており、今回、長野での親子リトリートツアーを企画しました!

310027858_2157563491082966_6639068174087553427_n.jpg 185.03 KB





リトリートツアーの趣旨

・自然の中でおもいっきり転ぶ
「あぶない!」「そっちいっちゃダメ!」
日常生活の中では、親はどうしてもこどもを危険から守らないといけない!
そんなセンサーが働いて、ついついこども達の行動を制限しちゃいませんか?
街中や人がたくさんいる場所では、こども達が思いっきり走り回ったり、
ましてや転んだりすることもない。
長野の雪の上でおもいっきり走って、おもいっきり転ぶ。
そんな経験が、こどもたちの計り知れない感受性を刺激してくれます。
このリトリートツアーでは、冬の信州での刺すような寒さ、雪の感触、
空気の澄む冬ならではの星空などを肌で感じる。
それが心や体・脳の健やかな成長を促し、たくましく生きる力を育むことを目的とします。

・みんなで見守る
ツアーでは、いろいろな大人・子どもが一緒に過ごします。
自分の親以外の大人、自分の子以外のこども達との触れ合いは、
新しい発見や“きづき”をもたらしてくれる存在でもあります。

「うちの子はやんちゃで、保育所でもいつも問題児扱いされていて…」
お母さんはそんなふうに悩んでいても、他の大人がみると
「とても活発でリーダーシップがあるよね。」「賢くて、生きる力があるね」
フラットな関係性からその子のギフトを見守ることができます。

また、普段は全く違う環境で暮らす子ども達が、お互いに刺激しあう場面もみられます。
虫を触ることもしなかった子が、虫に興味をもつようになったり、
同級生の中では内気だと思っていた子が、異年齢と触れ合うことで、
その子らしいリーダーシップを発揮するようになったり。
想定外の化学反応が起きるのを見守ることが、大人にとっての楽しみにもなります。

300124723_491767562774799_17877985322251810_n.jpeg 2.26 MB

oki:boat.jpg 949.86 KB

IMG_0750.JPG 2.73 MB


今年の夏、試験的に実施した隠岐の島親子リトリートの様子↑





リトリートツアーのプログラム

●冬の自然観察
雪を踏みしめる感触や、信州ならではの山の上からの雪景色、
冬の森に暮らす動物たちの足跡探し、冬の森の生きものたちの繋がりを専門家に案内してもらいます!
子どもの自主性を重んじた活動によって湧き起こる興味や探求を
専門家とコミュニケーションすることで、自律的な体験を促すことが目的。

●星空観察
氷点下で、一年で最も空気が澄む美しい星空を観察。専門家の解説や望遠鏡を使います。
専門家の解説を自分なりに解釈して、空の神秘に出会うことで、広い宇宙を感じたり、
そこから広がる想像力を掻き立てることを目的とします。

●焚き火体験
子どもたち同士で協力しながら、自分たちで木を集め、火を付ける体験を行います。
仲間作りの要素やゲーム性を持たせ、子ども同士のコミュニケーション力を刺激すること、スイッチを押すだけ火をつけるのではなく、あるもので工夫して火をつける
クリエイティビティを楽しみながら取り組む要素を設けます。

●瞑想体験
近年、欧米を中心に世界各国で、子どもたちの学校の授業にマインドフルネスが導入されています。インドやイギリスなどでも、子供たちのメンタルヘルスの改善、ウェルビーイングの向上を目的にマインドフルネスが取り入れられています。
瞑想体験では、静かに自分自身に目を向けて、自分の中を見つめる体験をします。




自然体験をサポートしてくれる専門ガイドの紹介

井上基氏
地輪舎 代表、フィーカの森有限事業責任組合
卒業後、奈良県高校理科教諭、野球 部顧問として 10 年間勤務。在職中の 教員海外派遣きっかけに退職し、連 れ合いと 1 年間世界の地質学ポイン トを巡るバックパッカーの旅へ。帰 国後、自然ガイドになるべく、長野 県へ移住。
約 10 年間軽井沢で自然ガイドとして、野鳥や草花、 昆虫、哺乳類、地質など自然全般を案内してきた。 現在は、自然ガイドを行いながら、無農薬・無化学 肥料の野菜作り、竹林再生や地域活性化活動に取り 組んでいる。

桒田 慎也氏
オフィスリュックサック 代表 フィーカの森有限事業責任組合 組合員
 若い頃は山の美しさにとりつかれ、海外のキリマンジャロやモンブランなどの登山で国内外を飛び回る。山岳ガイド連盟に所属し国内外の山のガイドとして も活躍。しかし、富士樹海の森の中で道無き道を進 むと、美しい野草ショウキランや生々しい野生動物 の痕跡と出会い感動し、それをきっかけに頂上より も森や森にすむ生き物が好きなる。軽井沢で 20 年 以上ネイチャーガイドの経験を積む。独立後は、ガ イドとマネージメントの経験を活かし、他の団体の プログラム企画開発や事業運営のアドバイスなども 行っている。山で出会える野草を愛している。




コアクルー・コミュマネ・経営ボードメンバーも参加!

アトリエアトリア初の公式親子リトリートとなる今回のツアー。
アトリア代表の@さわこし はじめ、コアクルー@ひろよん 浩代さん、
@美智子さん、@のぞみ さん、アトリアの経営ボードメンバー
コミュニティーマネージャの@奈央(コミュマネ ) さん、
そして私(@あい_コミュマネ )も参加予定!
アトリアクルーが総力をあげて、一緒に楽しみます!!笑
リアルでROOMメイトと会える貴重な機会。
ぜひみなさまも一緒に楽しみたいです♪






親子リトリートツアーの実施は来年2023年1月7日〜9日の予定。
詳細はこちらの記事でご確認ください↓